整形外科概要

整形外科では、首・肩・腰・ひざの痛みや、それ以外の関節・筋肉・じん帯の痛みを取り除きます。また、骨粗しょう症やリウマチ、痛風のほか、スポーツや事故での外傷(ケガ)の治療も行います。

佐賀県有田町の口石やすひろ整形外科で行う整形外科の概要

治療項目

  • 一般外傷、交通事故、スポーツの外傷、熱傷、骨折、捻挫
  • 骨粗鬆症、下肢動脈硬化の検査
  • 頚・肩・腰・膝痛、ヘルニア等の急性・慢性疾患
  • リウマチ、痛風、偏頭痛
  • 手足のしびれ、歩行障害、腱鞘炎など

治療方法1 : リハビリテーション法

佐賀県有田町の口石やすひろ整形外科のリハビリ風景

運動療法や物理療法を行うことによって痛みを取り除き、筋力や関節、神経の機能を回復したり、良くするための治療を行います。

運動療法とは、運動をすることによって関節の動く範囲を広げたり、筋力を強くしたり、筋肉の持久力を高めたりする治療法です。

一般の運動と異なり、目的に合わせて量と質と方法を決めます。

物理療法とは、熱・水・光・電気などを人体に応用することで、痛みを軽くしたり、血液の循環を良くしたりする治療法です。

リハビリテーション

治療方法2 : 注射療法

佐賀県有田町の口石やすひろ整形外科の注射風景

注射療法はステロイド剤とヒアルロン酸製剤に分かれます。

ステロイド関節内注射は、頑固な痛みや、関節に水がたまっている時に、炎症をとめることを期待して使用します。

ヒアルロン酸ナトリウム関節内注射は、人の関節液の主成分であるヒアルロン酸を用いて軟骨を保護したり、関節の動きを良くするために使用します。

車にたとえると、車のエンジンオイル(ヒアルロン酸ナトリウム)がエンジン(関節)の磨耗と摩擦を少なくし、歯車の動きを滑らかにする作用に似ています。

なお、この注射療法は、年齢や患者さんの生活スタイル、趣味、運動量や、糖尿病、緑内障、心疾患、肝疾患、腎疾患などの合併症を考えた上で使用いたします。

治療方法3 : 神経ブロック療法

神経ブロック療法とは、痛みの原因となる知覚神経や運動神経、交感神経の異常な緊張や興奮を取り除くことで、痛みを取る治療法です。

使用する薬剤は局所麻酔剤ですが、炎症反応が強い場合は抗炎症剤を加えて行ないます。

局所麻酔剤と言うと、一時的な痛み止めのように思えますが、痛みの原因となっている悪玉の交感神経が麻酔剤でブロックされる(機能が抑えられる)ことによって、血管が広がり血行が改善されます。

その結果、悪循環に陥っていた痛みの反射が断ち切られ、痛みが緩和され完治します。

治療方法4 : 投薬療法

佐賀県有田町の口石やすひろ整形外科の投薬療法

投薬療法は、薬によって痛みを取り除く治療法です。

治療方法5 : 手術治療

外傷、骨折で必要な場合は手術を行います。
変性疾患や末梢神経障害の手術も行っています。
重症の場合や、人工関節は専門病院に紹介しています。

膝の痛みがある患者さまへ

膝に下記のような症状が出たら、それは変形性膝関節症です。

  • 立ち上がりに痛みがある
  • 正座がしづらくなった
  • 階段が降りづらい
  • 膝が腫れている

変形性膝関節症は、加齢や肥満、下肢の筋力低下に伴い膝の関節軟骨がすり減って骨に変性を来たす病気です。日常生活では以下のようなことに気をつけましょう。

  • 太りすぎに注意し膝への負担を軽くしてください
  • 膝を温め膝の血行を良くして下さい
  • 階段は避け、重い荷物を運んだり歩きすぎないように注意しましょう
  • 太もも(大腿四頭筋)の筋力を強くし関節症の進行を防ぎましょう

治療としては、

1. 鎮痛剤・湿布、関節内ヒアルロン酸注射 などの薬物治療

2. 下肢筋力訓練、膝の保温、電気治療 などのリハビリテーション

3. 膝装具・足底板 を使った装具療法

4. 膝関節鏡、骨切り術・人工関節 などの手術

等があります。お気軽にご相談ください。

医院概要