リハビリテーション科概要

佐賀県有田町の口石やすひろ整形外科で行うリハビリテーションの概要

リハビリテーション科では、ケガや関節症などがもとで生じる痛みや運動障害など、身体の機能障害を治療します。首・肩・ひざなどの痛みを取り除いたり、動きにくい部分を回復させる治療を行います。

リハビリテーションの専門家である理学療法士が、患者様ひとりひとりの症状を見ながら適切な治療を行います。

※理学療法士による治療は事前の予約が必要となります。

  • 慢性疼痛に対する各種温熱・電気療法
  • 筋力訓練・歩行訓練・日常生活動作訓練
  • 関節の可動訓練
  • 身体障害者手帳・介護保険等の作成
  • 各所装具、採型装着

リハビリテーション科のこだわり

リハビリテーションのこだわり ポジショニング

リハビリテーション科では、患者さまに快適な治療を行っていただくために、笑顔で迅速かつ丁寧な対応はもちろんのこと、「ポジショニング」にこだわっています。

この「ポジショニング」とは、治療中の患者様の姿勢のことです。

例えば、ベッドの上にただ単に仰向けになっていただくのと、少しひざを曲げてクッションを入れるのとでは、身体の楽さや気分のリラックス度合いが大きく違います。

わたしたちリハビリテーション科では、患者様と対話を行いながら一番リラックスしていただける姿勢を探し出し、心地よく治療に専念していただけるよう、良い気分になってお帰りいただけるよう、日々工夫を行っています。

主な治療方法1(徒手的運動療法)

徒手的運動療法とは、患者様の病気や症状に合わせて、硬くなった関節や痛い箇所をゆっくり動かしたり操作を加え、運動することで改善を行う療法です。

重力に負けない体づくり、そして重力を味方にできる動き作りを目的としています。

徒手的運動療法

主な治療方法2(物理療法)

物理療法とは、痛い箇所を暖めたり冷やしたりすることで血行を良くし、痛みを和らげたり取り除く治療法です。「温熱療法」「寒冷療法」「光線療法」「電気治療」「牽引療法」「水治療法」があり、ホットパック・干渉波・超音波・低周波・レーザー・牽引などによる治療を行います。

「温熱療法」は、温熱による血行改善で痛みを取り除いたり、関節を動きやすくしたりするものです。主に運動療法を行う前に施行し、運動療法の効率を高めます。

「光線療法」は、血行改善に効果があり、褥瘡(床ずれ)や骨粗鬆症(こつそしょうしょう)に使用します。

「電気治療」は、筋萎縮(筋肉が痩せ細るもの)や痛みを軽くするのに役立ちます。

「牽引療法」は、骨と骨を牽引(ひっぱる)する事で隙間を広げ、血流を改善したり萎縮した筋肉のストレッチを行うことで痛みや痺れを改善するものです。腰と首の牽引がよく行われています。

「水治療法」は、水の浮力や抵抗を利用して運動の負荷にしたり、循環をよくしてむくみの改善を行ったり、リラクゼーションなど精神的な安静をもたらす効果があります。

物理療法
医院概要