口石やすひろ整形外科クリニックの院内の様子

当院の設計はメイ設計有限会社の馬場さんにお願いしました

メイ設計の馬場さん

当院を開業するにあたって、私たちは公私ともにお世話になっているメイ設計有限会社代表で一級建築士の馬場広明さんに設計をお願いしました。

馬場さんと私たちは、どんな院内にすれば患者様が気持ちよくすごしていただけるかということを、時間をかけてじっくりと話し合いました。

それが今院内の様々なところにこだわりの形となって患者様を癒しています。患者様たちから「病院の中にいる気がしない。何だか暖かいねここは」という嬉しいお言葉までいただくようになりました。

この場を借りてメイ設計の馬場さんにお礼を申し上げたいと思います。

メイ設計 有限会社のホームページ

待合室

待合室

待合室は、患者様にリラックスしてお過ごしいただけるよう、南国のリゾートホテルのロビーをイメージしています。

患者様のための贅沢として選んだ中国(上海)のアンティークのソファーに腰を下ろすと、ほどよい柔らかさのクッションが心地良く、まるで自分の家のリビングにいるかのようにリラックスできます。多くの患者様が、お気に入りの場所だと言ってくださいます。

また、本棚には師長が選んだ「心が温まる本」をご用意しています。

活性水素豊富水

活性水素豊富水

待合室内には、「活性水素豊富水」をご用意しており、ご自由に飲んでいただいています。

この「活性水素豊富水」は、活性酸素を中和させる効果があると言われおり、お茶やお料理に使うと美味しくなると言われています。

私たちが患者様にお出しするお茶やコーヒーも、この「活性水素豊富水」を使っています。

診療室の壁

診療室の壁

私たちの医院の診療室は、完全な個室ではありません。

できるだけ閉塞感や圧迫感を感じない開放的な医院にしたいという想いと、治療中の患者様のプライバシーを守りたいという想いと、2つの正反対のことを同時に形にした結果、天井に近い部分の壁を作らないことにしました。

診療室の中の様子は外から見えませんが、冗談好きな院長と患者様の笑い声は良く聞こえてきます。

お手洗い

お手洗い

お手洗いは「暗くて狭い」というイメージがありますが、私たちの医院では「明るくて広い」お手洗いとなっており、患者様にも大好評です。

室内には緑の植物やアンティーク椅子が置いてあるほか、窓からはのどかな田園風景を眺めることが出来、ゆったりとした時間を過ごしていただけます。

多孔質の壁

多孔質の壁

待合室をはじめ、院内の壁は「多孔質の壁」になっています。

どういう壁かというと、壁の表面に小さな穴がたくさん開いており、そのため吸湿・放湿性に優れ、炭と同様に消臭等の空気清浄作用もあります。

患者様に快適に過ごしていただけるよう、私たちが特別にこだわった部分です。

風光明媚な窓からの眺め

風光明媚な窓からの眺め

診療室とリハビリ室からは、有田の風光明媚な風景が一望できます。

リハビリ室の窓際にはリラックススペースがあり、多くの方がお茶やコーヒーを飲みながら風景を楽しんでいらっしゃいます。

リラックススペース

リラックススペース

ここがリラックススペースです。

師長が淹れたお茶やコーヒーを飲んだり、患者さま同士でおしゃべりを楽しんだり、ゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。

医院概要